アトピー肌に最適の化粧品|最適な商品を探そう

ウーマン

石鹸で加齢臭対策

困る女性

加齢臭は中高年の男性と女性に特有のにおいのことです。年を重ねると、バルミトオレイン酸が生成されるようになります。これにより、過酸化脂質が酸化分解されることでノネナールが生じるようになります。加齢臭はこのノネナールが原因で発生します。ノネナールは40歳過ぎになるとどんどん増えてきます。加齢臭と聞くと男性のみの症状と思われがちですが、実はそうではありません。女性においても発生するのです。皮脂量が女性の方が圧倒的に少ないため、加齢臭には気づきにくいですが、皮脂量が増加する夏場にはきちんとケアをしないといけません。ちなみに、臭いが生じる場所は皮脂の分泌量の多い箇所です。たとえば、頭部、耳の近く、背中などが多いです。

加齢臭を改善するにはスキンケアをきちんとすることです。皮脂や汗をこまめに拭き取ることも大切ですが、加齢臭防止向けの石鹸やボディソープが販売されるようになりましたので、それを使うのも有効です。たとえば、テオドラン、コロンなどがあります。自分で使ってみて効果が実感できるものを選びましょう。ただし、加齢臭は身体全体からも出るので、全体的に化粧品を塗布することができるタイプを選びましょう。香水をしようする人もいますが、その臭いがあまりにも強いと周りの人には異臭に感じることもあります。そのため、化粧品で何とかケアをすることがおすすめです。最近ではハーモナージュ香料のするものも出ていて、これは原因物質であるノネナールを臭いで包み込む働きもあります。